やっぱり自己処理?

うなじのようにデリケートなパーツはできるだけ自己処理を避け 脱毛のプロにお任せして欲しいのですが、やはりどうしても自己処理せざるを得ない場合というのはあります。
 本命の彼から突然のデートのお誘い(コレがまあ一番考えられる理由ですが)。友達との急なパーティーへの参加 など。

「顔まわりをスッキリと、髪をアップにして背中の開いた洋服やドレスを着たい・・」,「ポニーテールやキュートなお団子ヘア 自由に髪をアレンジしたい・・」  
髪を自在にアップにしたりアレンジを楽しむことで “女性らしさ” や “華やかさ” を演出することができます。
 そんな願望も うなじにコンプレックスがあるせいで、いつもダランと下ろした髪型、同じ服装、常に首筋を隠すような着こなしをしてしまっている・・

ちょっとロングヘアーの男性に でさえ うなじってドキッっとしてしまう当サイト管理人(変態か?)、さすがに同性のうなじにドキッとするような事はありませんが、やっぱりキレイな うなじを見ると思わずガン見してしまいます。
 と言うように、うなじって本人が思っている以上に他の人から 密かに注目されている場所。セックスアピールを促す部位なのです!

 うなじの自己処理はありか?なしか?

「自分でうなじのムダ毛を処理する」というのは、かなりの高テクニックを要するので、それなりに脱毛用品(カミソリやシェーバー等)使いに自信がないと綺麗になるどころか傷だらけになる可能性があります。

 自己処理を絶対にしてはいけない場所ではありませんが、するのであれば それなりの道具を準備し、キチンと手順を踏んでやらないといけません。
できれば こういったファジーな部分(髪の毛とムダ毛の境が曖昧でハッキリしない)は プロに委ねることをおすすめしますが、どうしても間に合わない!とかいう場合であればやむをえないというもの。できるだけ慎重に処理をしましょう。

では、そんなシチュエーションに遭遇した時のために・・
《うなじの自己処理方法》 注;常習しないでね。
・準備するもの・・・L字カミソリ,蒸しタオル,シービングクリーム,三面鏡,保湿ローションorクリーム,髪をまとめるゴム&ターバン.
※ L字カミソリは 顔などにも使える安全ガードのついた小ぶりのものが髪と産毛のキワの細かい部分が処理できます。間違ってもT字カミソリを使うのはやめましょう。そしてできれば新品(切れ味のいいもの)。
※ 蒸しタオル..お風呂上がりに処理する場合は 普通に濡れタオルでもOK。

以上のものを準備したらいよいよ処理開始!!
手順 1.まずは、お風呂上がりではない場合は うなじを十分に蒸しタオルで温め皮膚を柔らかくし、毛穴を開かせましょう。
手順 2.次に、シェービングクリームをたっぷりと処理したい部分に塗ります。
手順 3.さあいよいよ剃り始めます!合わせ鏡or三面鏡から目を離さず慎重に!
手順 4.できれば毛の流れに沿って刃を入れていく方がいいのですが、そこは “うなじ” です。それでなくても体制的に無理がある部分 である上に、合わせ鏡での処理(三面鏡でも然り)。無理に毛の流れに沿って処理していたらそれこそ流血を招いてしまいます。
 ここは無理をせず、毛の流れもこの際無視して!自分が最も剃りやすい方法で剃っていきましょう。
ちなみに、髪との境目の剃り始めは、1cm位余裕を持って 産毛を少〜し残す感じで。刈り上げのように 髪との境パッツン!状態は女度ダウンですyo!!
手順 5.一通り剃り終えたら 濡れタオルで残ったシェービングクリームや毛を拭き取り、保湿ローションをたっぷりと!!この保湿をするかしないかでその後の肌への影響が分かれます。うなじは特にデリケートな部分ですので、必ず! 保湿をするようにしましょう。日頃使っている化粧水でOKです。そして念には念を・・ 美容クリーム等があれば それも塗っておきましょう。
 
 
以上がうなじを自己処理する場合の比較的リスクの少ないやり方の一例です。ご参考まで・・・

そんなわけで うなじの自己処理は、緊急時 どうしてもやむをえない場合 ならしょうがない・・ ってことで、アリです。