クリニックでのレーザー脱毛って
どんなの?効果は?

医療脱毛で行われる “レーザー脱毛” とは、冒頭のページでもちょっと述べましたが、「毛根の奥深い部分 “毛母細胞” にまで達することができる光を用い、その組織を破壊することで発毛を阻止する」というもの。脱毛後は半永久的に毛が生えてこない という優れた脱毛効果があります。

そしてこのレーザー脱毛に使われるレーザーは主に2種類。
“アレキサンドライトレーザー”“ダイオードレーザー” です。

このサイトでご紹介した “湘南美容外科クリニック” で主に導入されているのはアレキサンドライトレーザーで、『ジェントルレーズ』という機器が広く採用されているようです。ほぼ全医院で導入されている脱毛機ではないでしょうか。
 ジェントルレーズによるアレキサンドライトレーザーの照射では、脱毛はもちろんの事、もともとは皮膚の様々な治療に使われていた機種なので、他の皮膚疾患(シミ・ソバカス)の治療でも威力を発揮できるのです。他の脱毛機と比べると 照射面積も比較的広く、照射スピードも速いので 必然的に施術自体がスピードアップするという利点があります。

また、ヘッド部分も軽いため 施術者による「打ち漏れ」等が起こりにくくなっています。ヘッドの重さは施術を担当する医師や技術者にとっては重要な要素です。

さらに この機種は、照射直前に冷却ガスが噴出され 皮膚表面を瞬時に冷やす事で、痛みが少なく、ヤケドのリスクが限りなく低くなっています。前述したような理由で美肌効果も期待でき、毛穴の引き締め効果もあるので、「無毛」と共に「ツルツル美肌」をも目指せる! まさに “一石二鳥” の脱毛機なんです。

そしてもう一つ、ダイオードレーザーですが、湘南美容外科でも もちろん導入されている医院もあります。
それが 『メディオスター NextPro』.
アジア人の皮膚に合わせた、810nm/940nmという2種類の波長のダイオードレーザーを用い、一回でレーザーを照射するのではなく レーザーを細かく照射し、徐々に熱を入れていく “蓄熱式脱毛(スムースパルステクノロジー)” アレキサンドライトレーザーや従来の脱毛機のように “痛い” 脱毛ではなく “無痛” の脱毛を実現しています。
 脱毛効果もジェントルレーズに負けず、毛根の 毛を再生させている部分『バルジ領域』をピンポイント照射することで発毛組織を効果的に破壊することができ、かつ毛周期を無視した脱毛ができます。