髪の毛?産毛?どっち!?

うなじって 体の部位でいくとちょうど “首” にあたり、髪との境目で 髪の名残の毛(襟足?)がホロホロと続いている部分です。この部分にある毛が 髪の毛か?産毛か? というのが重要なんです。

 なぜならば・・

 脱毛サロンでは髪の毛は脱毛できない?!

そうなんです!脱毛サロンに行けば うなじ(首まわり)は ムダ毛は全く無くなり!スッキリと綺麗になれる!と思っていたら大間違いです。
 脱毛サロンでは、”髪の毛” は脱毛することができないのです!

 では、”髪の毛” と “産毛” の違いをどこで区別するのか・・  と言う疑問がわきますよね?
襟足部分の毛は、髪の毛と言っても 本当に細くて、どうかすると 産毛を長くしたようなフワッフワな柔らか〜い毛・・・  もう産毛でいいじゃん!! ってくらいの毛です。

それでも髪なの?! っと、いきり立っても そこはプロ。髪の毛と産毛の区別は、やはりその「太さ」「濃さ」。 だそうで、そもそも “髪の毛” と “産毛” は毛根自体が違うので、毛根の細い産毛と 毛根の太い髪の毛では、照射した時のやけどのリスクが違ってくるため、やけどの危険性の高い髪の毛は 脱毛処理できない ということなのです。

そこのところをよ〜く理解した上で、契約前のカウンセリング時には とにかくわからない事・気になる事は聞きまくる!
 これが鉄則です。
契約をしてしまった後で、一番気になっていた耳元のモジャッっとした毛を処理してもらえない! なんて事にならないように・・・

 契約してから後悔しない!カウンセリング活用法.

うなじ(襟足)の脱毛の失敗を防ぐためにも、カウンセリングの際は集中が必要。カウンセリングをしてくれているスタッフの言葉を一言一句、言葉尻まで逃さずに耳を傾けておくことです。そして 疑問に思ったこと、気になったことなどはすべて口に出して解決しておく!
 疑問に思っても「まあいっか・・」とか「後で聞こう・・」 なんて甘いことを考えないように。

カウンセリングの時だけは、”シャイな自分” “コミ症な自分” “口下手な自分” “その他モロモロ な自分” はかなぐり捨てて、「美しくなる!」「目指せうなじ美人!」 な、ことだけに集中してください。

 実際に自分のうなじをスタッフの方に見せ、処理して欲しい毛がどこなのか、処理できる毛はどこなのか を明確にしてもらい、できれば 肌の状態や生え際の状態までをもチェックしてもらい、形を決めるなど 具体的な脱毛行程を聞いたりしましょう。そこで 髪の毛と産毛の区別・判断もしてもらえるので、仕上がりの状態もなんとなく想像ができ 満足のいく結果となるのではないでしょうか。